電研精機研究所ホームページ

お問い合わせ tel 042-473-3745 fax 042-474-0613
 English 

ノイズカットAVR

 

多彩な機能を1台に凝縮した、最高のラインコンディショナーです

 

当社のPシリーズAVR(Automatic Voltage Regulator=交流自動定電圧装置)は、当社創業以来の長い歴史を持ち、これまでユーザ各位からクレームをいただいたことが殆ど無い、高品質高信頼性を誇る安定化電源です。このPシリーズAVRは、最長のものは既に40年を超えてなお現役で働き続けており、しかもその特性には全く経年変化がみられません。

SEMIなどの規格対応もご相談に応じます。

ノイズカットAVRの特注

 

[1] Pシリーズ《ノイズカットAVR》は、現在実用されている中で最も確実なラインノイズの防止素子である《ノイズカットトランス》(多数の特許があります)と、ノイズレスの磁気増幅器負帰還自動電圧調整回路(検出に特許があります)を結合した「ノイズ遮断交流自動定電圧装置」(ノイズ遮断安定化電源)です。

[2] Pシリーズ《ノイズカットAVR》のノイズ遮断性能は《ノイズカットトランス》単体よりも更に向上し、ノーマルモード・コモンモードとも全ての周波数の高周波ノイズを確実に遮断し、クリーンな電力を負荷機器に供給します。

[3] 入力側と出力側は、直流的にも(低周波に対しても)高周波的にも、完全にアイソレート(分離・絶縁)してあり、それぞれ厳重な電磁シールドで覆ってあります。どの様なノイズも通過させません。 [4] 全体を低インピーダンスの筐体で覆い、これが良好なシールドボックスを構成しライン間の二次輻射によるノイズの伝播や放射ノイズの侵入を防ぎます。同時に、これが良好なグランドとして働き、電源設備や負荷機器側との接続にあたって相互の基準電位間に動揺を生じさせることなく、総合的にノイズ防止の効果を高めます。

[5] 制御回路それ自体が変形M形フィルタを構成し第3高調波以上の全ての高調波を除去しますので、常に良好な正弦波の電圧を負荷機器に供給できます。

[6] 独特の設計による磁気増幅器の特性と回路構成により、電源線路の電圧(AVRの入力電圧)の変動を、最初の半サイクルから抑制して出力します。(ちなみにサイリスタではできません)従って《ノイズカットAVR》は電源線路電圧の長期的な変動だけでなく、サージ・サグ・フリッカ等の急激な電圧変動を大幅に除去できます。(下図参照)
[7] 特許の検出器により、常に実効値の高い精度で一定した電圧を負荷機器に供給します。 [8] 検出回路部分も制御回路部分と同じ堅牢な材料で構成してあり、温度・湿度の変化や機械的ストレスにも強く、経年的な確度・安定精度の変化が全くと言ってよいほどありません(一定電圧が半永久的に変りません)。
[9] 温度ドリフトが僅少です。 [10] 効率が良い上に、負荷機器の力率がさまざまでも、《ノイズカットAVR》の入力側の力率はぼぼ100%の高力率で一定に自動調整されますから、配線設備の負担が軽滅されます。
[11] 負荷機器の取り込む電流波形が著しく歪んでいても(例えばコンデンサインプット形の整流回路を含む機器の入力波形は著しい尖塔波状になります。)《ノイズカットトランス》 PSN型の人力側の電流は正弦波に近いなだらかな波形になります。それにより近頃間題の多い配電線路におよぼす高調波障害を防止できます。 [12] 乾式・空冷・静止形で安全・清潔です。耐用年数は半永久的です。

 

Pシリーズラインナップ

 

 

 

 

 

 

※P型AVR、FPM型AVR、FPMN型AVRについては、恐れ入りますが直接お電話でお問い合わせ下さいます様お願い申し上げます。

インデンシャル過渡応答オシログラム

インデンシャル過渡応答オシログラム